ロシア語

第5回「空腹を満たす」【必要そうな会話から学ぶロシア語】

ロシアに行って困らない、
必要最低限の言葉をチョイスして、学んでいくスタイル。

ロシア語が自然と話せちゃうことを、目標にゆる~く取り組んでおります。

戯言はさておき、第5回です。

これまでの学び
発音や意味が分からなかったら、クリックしてさらっと復習!
-第1回-
・Привет

・Приятно с вами познакомиться
・Я инамо
・Как вас зовут?
-第2回-
・Извините
・Можно минутку?
・Пожалуйста, дайте мне руководство
・Спасибо за помощь
・Большое спасибо
・Увидимся в следующий раз
・Желаю тебе удачи
-第3回-
・Сколько это стоит?
・Я хочу сохранить как можно больше
・Вы можете сделать это немного дешевле?
-第4回-
・Это все, что я должен заплатить?
・Я записываю то, что вы сказали
・Могу ли я позвонить в полицию?
・Прости. Это моя ошибка

本日のTips

生活に困らないようにするためには、お金を守らねばなりません。

お金、つまり、数字を基本的に覚えなければいけないと・・・。

しかし、数字って地味に覚える量が多いんです。。。。

1~10の他、10、20、100、1000・・・と法則性があるにしろ、結局は暗記。
1とか2とか、見た目は世界共通なのに、
読み方は国それぞれ。効率悪いよね。

なので、1から10は、指で数えながら覚えるのは良しとして、
それ以上は放棄しましょう。

お金に関して重要ならば、
紙に数字を書いて確認すればいいんです(旅で紙とペンは携帯しとこう)。

なお、数字については、こちらがタメになりますよ~。

今回は、

生きていくのに必須な、食!
空腹を満たす系のフレーズです。

(自分が話す言葉以外に、相手から放たれる言葉も入れときました^^)

19.

どこで食い物にありつけるかな?(^q^)

Where can I get food?

Где я могу взять еду?


グジェ ィヤ マグゥ ブゼェチ エドゥ?

まず食料を探します!
 Где  where (どこ)に当たる単語です。
また、могуでcan(できる)の意味をつけ、
взять(得る:動詞原形)、еду(食べ物)と続けていくのですね。
英語ならcanが主語の前に来ますが、ロシア語はそうではないっぽいっすね~。

ちなみに、canに当たるмогуは、я(私)に対応する形です。
主語によって変化するのはだるいっすね~^^;

19.

あなたのおすすめは何?(*´▽`*)

What is your recommendation?

Какова ваша рекомендация?

カカバー バシャ リコメンダーツィヤ?

 Какова  what に当たります。
前回のЧтоではないみたいです。法則性がいまだによくわかりません。。
そして、
вашаがyour(あなたの)となり、рекомендацияがrecommendationです。
英語と似てますね。
英語の聞き間違いからできた言葉なのでしょうか?笑

20.

あそこの右のお店をオススメするよ(・∀・)

I recommend the store on the right there

Я рекомендую магазин справа там

ィヤー リコメンドゥ マガジン スプラーバ タム

Я рекомендую(私は~をオススメする)です。
магазинはstore(店)、справаはright(右)、тамはthere(そこ)ですね。

ちなみに、”right or left(右または左)”は、 Право или лево と言います。

フレーズの、справаのсは何なのでしょうか?謎・・。

21.

誘導してよ、一緒に食べようぜ(*´▽`*)

Please lead me, Let's eat together

Пожалуйста, ведите меня, Давайте есть вместе

パジャールスタ、ベジィチェ メニャ、ダバイチェ ィエシチ メェシチェ

おなじみのПожалуйстаでお願いします。
ведите(連れてって)меня(私を)と。

 Давайте ~ Let's ~ (~しよう)です。提案するときに使っていきましょう。

естьはいろんなフレーズに出てくるのですが、eat(食べる)でも使えるとのこと。 вместеはtogether(一緒に)。
「さぁ、メェシチェしようぜ」と、ルー大柴語で言ってみましょう。
ロシアでは通じないだろうけど。

 

今回はここまで

何千回も言いますが、意図が伝われば良いのです^^;

文法にこだわっていると、年月だけが過ぎ去っていきます。

コミュニケーションの本当の壁は、発音だったりします。

このブログでは、読みをカタカナにして読みやすくしていますが、
外国語には私たちが出したことのない音がたくさんあります。

結局は、実践して相手の反応で、改善していかなければなりません。

Let's~やPlease~といった会話に使えるフレーズを覚えて
早く話せるようになりましょう!

やる気ある人は、単語自習で^^

第4回「争いごとは御免」【必要そうな会話から学ぶロシア語】自分の言葉だから、長期的に記憶に残る、 生きていくのに最低限必要な言葉をチョイス、 実践的で危機感を意識して勉強できるスタイル ...
第6回「朝食無料で+500円」【Google翻訳を駆使して気ままに学ぶロシア語】ロシアに行って困らない、 必要最低限の言葉をチョイスして、学んでいくスタイル。 ロシア語が自然と話せちゃうことを、目標にゆる~く...
ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA