Unity

【Unity】オンラインFPSゲームの作り方#1【デモとアセットの準備】

本記事では、Unityを用いたオンラインで遊べるFPSゲームの作り方を紹介していきます。

これに従えば、次のようなゲームが作れます↓
※PCのみプレイ可能(スマホではログインできません)


unityroomなら全画面プレイできて、遊びやすいですよと^^

【仕様】
・AWSDまたは←↑↓→で移動
・画面上で、カーソルを動かすと視点移動、左クリックで銃撃
・HPがなくなったら5秒停止後、ランダムな場所から復活します。
(プレイヤー同士の対戦ゲームなので、デフォルトで敵は用意していません)

では、早速解説していきます。

1.Editorでの開発準備

ちなみに、私が使っているUnityのバージョンは「2019.4f」です。
同じ条件で進めると、イレギュラーな挙動は少ないかと思うので、参考まで。

1-1.Switch Platform

作ったゲームをどのようなデバイスで遊ぶことを想定しますか?
それによって、ゲームをビルドする形式が異なります。

ここでは、「Unityroom」といった作ったゲームを
Web上にアップロードして、みんなが遊びやすいできるWebGL形という形式としたいと思います。

なので、「File」タブの「Build Setting」から「WebGL」を選択して、
「Switch Platform」しましょう。

1-2.アセットのインポート

ゲーム開発を便利にするアセットを手に入れましょう。
ここでは、すべて無料のモノで済ませます。
(形ができて、よりこだわったゲームを作りたいとなったら、優良のアセットを使っていきましょう^^)

PUN 2 - FREE

今回オンラインゲームとして使用するサーバーはPhotonです。
ここでは、比較的新しいPun2をアセットストアからダウンロードした後、
EditorのAsset Storeから、プロジェクトにインポートします。

Photonのインポートが終わると、AppIDの入力が求められます。
個々のゲームに対して提供するサーバーIDのようなものです。

Photon公式サイトにアカウントを作成し、
ダッシュボードから新しくアプリを作成します。
作成の際は「Photon Pun」を選択し、
自由にアプリケーション名を決めます(OnlineSimpleFPSと名付けました)。

アプリケーションIDをコピペしたら、「Setup Project」をクリックして閉じます。

 

Modern Weapons Pack

今回のゲームの武器として、使います。

 

Standard Assets (for Unity 2018.4)

対戦するステージ作りに使うので、
「ProtoTyping」のみインポートします。
※Standard Assetsは非常にボリュームのあるアセットなので、必要モノだけに絞るのがオススメです。

もしエラーが出たら、こちら参考^^

2.シーンの作成

ゲームに必要なシーンは次の2つです。

●Photonのオンラインサーバーにログインし、ゲームを始めるシーンの"LauncherScene"
●実際にFPSゲームで相手と闘うシーンの"GameScene"

それぞれ、「Scenes」フォルダ内に右クリックの「Create」_「Scene」で作ります。

その後、「File」タブの「Build Setting」をクリックし、
「Scene in Build」のところに、
作成した2つのSceneファイルをドラッグ&ドロップして追加します。

 

以上が、開発の下準備です!

それでは、次の記事から各Sceneを作り込んでいきます!

【Unity】オンラインFPSゲームの作り方#2【Photonサーバーにログイン&ルーム参加】前回、2つのシーンを作りました。 https://youdoyou-motto.com/?p=4734 本記事では、 その...
ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA