Affinityソフト

【Affinity Designer】画像を綺麗に切り抜く方法(簡単に写真合成可能)【選択ブラシツールとパラメータをいじるだけ】

個人的に買ってよかったソフトNo.1の

デザインソフト「Affinity Designer」の使い方について、ご紹介します。

このようなお絵かきソフトを使っていると、部分的に切り抜きたくなりますよね?

 

もちろん、Affinity Desingerでもできます!

超簡単かつ基礎的な操作なのですが、あまり情報がなさそうなので解説しておきます。

 

【手順】

①Affinity Desigerを開いたら、切り抜きたい画像ファイルをドラッグ&ドロップします。

②左上のピクセルペルソナモードに切り替え、選択ブラシツールをクリックします。

 

③「追加」が有効の状態で、それで切り抜きたい部分を。

はみ出したりした場合、「除外」で修正できます。
(もしくはctrl+Zで1ドラッグ前に戻す)
※とはいえ、後で全体的な調整を効かせることもできます。

 

④切り抜き部分を選択し終えたら、「調整」をクリックします。

 

⑤パラメータが出てきます。お好みで調整してみてください。

ある程度、綺麗に選択できているなら、
「滑らか」を少しだけ加えるので十分だと思います。

 

⑥出来上がり♪

(ぁ、グリッド(マス目)は非表示にできます!)

 

 

windowsなら、”ペイント3D(のマジック選択)”で切り抜きができますが、

写真などの多彩な色だと、自動認識が逆に仇となって、手こずります。

Affinity Desgnerなら、
特に、最後の切り抜き選択箇所を「滑らか」かつ「ぼかし」といった加工ができるので、
質の良い切り抜きができます。

スーパーおすすめ、ぜひ使ってみください!

 

\6,100の買い切り(イラレ、フォトショはサブスク型)。
子供へのプレゼントに最高だと思います。

https://affinity.serif.com/ja-jp/designer/

切り抜きの利用例↓

Unityで自分オリジナルのパズルゲームを作ろう【見た目などをアレンジする方法】まずは、次のゲームを遊んでみてください。 あ、ちなみに本ゲームは、 ゴールから遡って問題が作られるらしいので、必ずク...

フォント加工の利用例↓

【Affinity Designer】文字フォントをエフェクト機能で加工する方法【カイジの"ざわざわ"を例に解説】Affinity Designerのようなお絵かきソフトを使っているなら、 文字フォントをおしゃれに加工できます。 ...

良い例でなくてすみません^^;

本格的なデザインソフト”Affinity Designer”の日本語解説書
ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
某有名健康食品メーカーに勤めながら、ロシアの武術”システマ”の訓練に精通。その後、システマの概念とスキルを軸に生きること、その普及活動に投身することを決意。 ”システマ”の概念より、過酷な現代社会を、スマートかつ快適に暮らせるようなノウハウを、ブログを通じて忖度なしで発信中~! 問い合わせはTwitterのDMで!(https://twitter.com/inamo002)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA