Unity

【ゲーム開発】VRoid Studioで作成したモデルをUnityで動かすまで【vrmファイルの導入とStandard Assets制御の適用】

VRoid Studioは、
手軽に動かす3Dキャラクターモデルを製作するのに、とても便利なツールです。

これを使えば、
自分の動きをリアルタイムで反映するVtuberキャラクターを生成できる他、

ゲームのキャラクターとして、ボタン入力で動かすことも簡単です。

※ゲーム開発をするなら、UnityやUnrealEngineなどが挙げられます。

本記事では、
ゲーム開発エンジンであるUnityに
VRoid Studioで作ったモデルを導入し、
プレイヤーキャラクターとして動かす方法
を解説したいと思います。

これを知れば、
Unityのフリー素材モデルとして、
こすりにこすられて使われてきた
Standard AssetsのキャラクターのEthanや
unity-chanを卒業することができます。

しかも、
Standard Assetsのスクリプトを利用して動かせるようにするため、
コードも書く必要はありません。
※Standard Assetsに生じるバグは修正する必要あり。

本記事で実現できること(VRoidで走り回れます~)↓

それでは、解説していきます!

1.Unityでvrmファイルを取り扱えるようにする

まず、vrmファイルとは、VRoid Studioで生成されるキャラクターモデルのファイル形式です。

初期設定では、Unityではvrmファイルを取り扱えないので、取り扱える状態にする必要があります。

それには、Unity Editorに、UniVRMというファイルをインポートします。

こちらのAssetsの欄の一番上をダウンロードして、ファイルを開いてください。

(このとき、Unity Editorを起動しておくと、自動でUnity Editorにインポートする流れになります)

 

インポートするウィンドウが出てくるので、「Import」を選択します。

上に「VRM」というタブ、また、UniVRMに関連するフォルダが現れたら、準備完了です。

 

2.VRoid studioで生成したモデルをUnityに導入する

VRoid Studioでキャラクターモデルを作成し、ファイルをエクスポートします。

vrmファイルとして、任意のフォルダに保存しましょう。

次に、UniVRMをインポートしたUnity Editorにて、「VRM」タブからImportをクリックし、保存したvrmファイルを選択します。

すると、すでにマテリアルやスクリプトが実装済みの「Prefab」がAssetsフォルダに現れます。

この「Prefab」をHierarchyにドラッグ&ドロップすれば、Sceneに登場させることができます。

3.VRoidモデルを操作可能なプレイヤーに設定する

ゲームで操作可能なプレイヤーにする方法は、いろいろとありますが、
一番手っ取り早いのは、無料アセットでおなじみの「Standard Assets」のScriptを利用する方法です。

そのため、「Standard Assets」をインポートします。

「Standard Assets」を導入すると、再生ができなくなるというエラーが起きます。

その解決方法は、次の記事で紹介します。

 

エラーで実行できないことが解決したら、
Scene上に配置したVRoidモデル(Prefab)を操作可能なように設定していきましょう^^

「Add Component」から「Third」と入力すると、「Third Person Character」「Third Person User Control」の2つのスクリプトが候補に出てきますので、2つともアタッチします。

※これらはStandard Assetsに入っているスクリプト

 

すると、モデルにRigidbodyが適用されて、再生ボタンを押すと落下するようになります。地面として、Cubeを設置しましょう(スケール値(x20、z20))。

アタッチしたら、コンポーネントの内容を少しいじります。

まず、「Animator」の「Controller」をクリックして、「ThirdPersonAnimatorController」を選択します。

続いて、「Capsule Collider」の「Hieght」、「Radius」、「CenterのY」を設定します。できるだけモデルに一致するようなCapsule Colliderに設定します。

再生ボタンを押した上で、Gameの画面をクリックしておけば、矢印キーまたはASDWキーで動くはずです。

もし動かない場合、「Third Person Character」Ground Check Distanceの値を0.3くらい大きくしてみて下さい。

地面を認識していないと、歩くことができない仕様です(向きは変えられるけれど)。

ついでに、Jump Powerは7くらいが良いかと思ったり・・・
作るゲームによって調整ですね^^

以上~

Unityで入手した3Dモデル(fbxファイル)をVRoid Studioや3teneなどにもっていくなら、下の記事がオススメ!

【自作の3Dモデルで即VTuberになれる】fbxファイルをvrmファイルに変換して3teneで自在動かす方法【Blender・Unityユーザーにおすすめ】3Dモデルを作るのが好きな方、 顔はバレずにVTuberとして動画配信をしたい方、 唯一無二のオリジナルモデルを自在に動かし...

※3teneを使えば、カメラ認識から即Vtuberのように動かせます^^

その他、キャラクターに関連した情報も発信してます↓

【Blender & Unity】モーション作成を簡単にする方法【フリー素材をベースに改変する流れを解説】私は身体を動かすのが大好きなので、 UnityやBlenderでは、 特に、キャラクターにモーションをつけて 踊らせたり、闘わせた...
【3Dモデル】VRoid Studioでデニムパンツ・ジーパンを簡単に作成する方法【テクスチャ編集×Affinity Photoで解説】今回は、デニムパンツの3Dモデルを簡単に制作する方法を紹介します。 モデリングスキルやお絵かきスキルはゼロでも可能です! ...
ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA