Unity

【Unity入門】Standard Assetsでエラーが生じて再生できないときの対処法【スクリプトを修正するだけ】

Unityは、アセットを使えば、誰でも簡単にゲームを開発できるようになっています。

そんなアセットの内、初心者は必ず一度はインポートし、
ゲーム開発の要領をつかむのに最適なアセットが”Standard Assets”です。

Standard Assetsの中には、
シーンに配置するだけで操作可能なキャラクターや車が含まれています。

つまり、難しいコードを入力することなく、
基本的なアクションゲームやカーレースゲームが作れるのです。

 

しかし、
私も初めての時はつまづいて、早くも挫折しそうになったのですが、

Standard Assetsをインポートしても、
エラーが出て、ゲームを再生できないという事態に陥ります。

初心者にとっては、何がいけないのか全くわかりません。。。

 

そこで、本記事では、そのエラーの対処法を紹介します。

アセットをインポートして、再生ボタンを押すと、
このようなエラー画面が生じると思います。

「Consoleタブ」のエラー文をダブルクリックすれば、問題のあるスクリプトが立ち上がるはずです。
(VScodeなどをあらかじめインストールしておくこと)

このエラーを解消するためには、スクリプトを図のように修正します。

修正したら、セーブすることを忘れないように。
Unity Editorに戻ると、赤いエラーが消えて、再生できるようになってはずです!

以上、試してみて下さい。

その後、キャラクターや車を操作できるようにするには、
Standard Assetsのフォルダ内にあるPrefabファイルを
Sceneにドラッグ&ドロップするだけです。

簡単ですね!^^

ちなみに、オリジナルキャラやVRoidで作成したモデルを、
ゲームのプレイヤーとして操作可能にする方法は下の記事で解説しています!
ぜひ、こちらもご参考ください!↓↓

【ゲーム開発】VRoid Studioで作成したモデルをUnityで動かすまで【vrmファイルの導入とStandard Assets制御の適用】VRoid Studioは、 手軽に動かす3Dキャラクターモデルを製作するのに、とても便利なツールです。 これを使えば、 自分...

Vtuberキャラクター&システムをソッコーで確立する方法はこちら↓

【VRoid Studio×3tene相性抜群】一瞬でVTuber用のアバターを作成&動かす方法【簡単×無料×高品質なサービスです!】昨今では、YouTubeを観るだけでなく、 チャンネルを開設し、発信する人が増えてきました。 本記事を見ている、あなたも発信...
ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »