パソコンテク

【無料】スマホをPC用のWebカメラにする方法”DroidCam”【Windowsユーザー向け】

スマホをパソコンのWebカメラとして使う方法として、
最も有力候補は”iVcam”というツールです。

iVacamに関しては以前の記事で紹介しました↓
(ロゴが入るなど、無料で利用する場合の課題解決策も述べてきました)

【高画質*広角レンズ】パソコン用のWebカメラはスマホ(AndroidやiPhone)の代用がおすすめ【無料アプリ”iVCam”を使うだけ】リモートワークによって、パソコンにカメラが必要になった方がたくさんいると思います。 しかし、カメラを新しく買う必要はありません。 ...

そんなiVcamがあるのに、なぜ他のツールも言及するのか?

少しもろもろの事情で、Webカメラを2つ同時に使いたくなったのです。

そして、幸いにも私は複数台のスマホを持ち合わせているので、
(下取りで買わなければ溜まりますよね?^^)

他のスマホもWebカメラにしたいと考えたのです。

しかし、iVcamで複数のスマホを扱えません。

なので、もう1つスマホをWebカメラにするツールを探しました。

そこで見つけたのが、"DroidCam"。
Windowパソコン限定のツールで、無料で使えます。

スマホはAndroidでもiPhoneで対応しています。

早速、使ってみたので、軽くレビューしておきます。

1.DroidCamのダウンロード

パソコンとスマホ、それぞれに"DroidCam"をダウンロードして準備完了です。

<OS別ダウンロード先>
WindowsPC(Softnonic)Android(Play store)iPhone(App store)

 

2.DroidCamの使い方

無料で使う範囲は、単純明快です。

パソコン、スマホのDroidCamアプリを起動します。

パソコン側では、IPアドレスを入力するような画面になるので、
スマホ側に表示されたIPアドレスを入力します。

すると、スマホカメラの映像が、パソコン側に反映されます。

(フロントカメラ⇔リニアカメラは切り替えられます)

以上・・・・

私の場合、iVcam(PC~iPhone)とDroidcam(PC~Android)と2つ繋げて、
2つのカメラ画像を読み込むようにしました。

OBS studioで2つを並べるとこんな感じです。

どちらも無線接続なので、遠隔に配置すれば、監視カメラにも使えますね!^^

【OBS studio機能】生配信やリモート会議のプレゼンで自分を丸いワイプで映す方法【ZoomやYouTubeで使える】「リモートワーク」や「ソーシャルディスタンス」が叫ばれる昨今では、 ”OBS studio”という配信系フリーソフトを、使うととても便...

 

スマホをWebカメラにするアプリ・ツールは、色々あります。

しかし、無料で使いこなしやすいのは、iVcamとDroidCamだと思います。

(ロゴが目立つところに合ったり、画角がおかしかったり・・・)

1点、DroidCamはロゴもなく、画角も良いですが、
若干通信が途切れることがあります。
(Wifiでスマホ2台を使って、特殊なことをする自分だけかもしれません^^;)

しかし、その場合は、
USBでパソコンとスマホをつなぎ、USB接続にすれば安定します。

 

さて、なぜ、私は今回
2つのWebカメラを使うのか・・・その真相はまた他の記事で書きます。
(ヒント:自宅でモーションキャプチャにチャレンジした)

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »