Unity

【備忘録】Unityでシェイプキーを作動させる設定方法【口が動く&まばたきするモデルの作成】

前回の記事で、
Blenderにて3Dモデルの目や口にシェイプキーを設定しました↓

【Vtuber必須】Blenderのシェイプキーで口や瞬きを作る方法【表情が豊かに♪】Blenderでキャラクターも作ったし、ボーンも仕込んだ! これを3teneで動かせば、即Vtuberになろう! 以前書きました...

Vチューバ―キャラクターの完成まであと少しです!

Blenderでfbxファイルとして3Dモデルをエクスポートしたら、
それをUnityにインポートします(マテリアルソースのテクスチャファイルも忘れずに)。

1.UnityでFbxファイルをVrmファイルに変換

この辺りは、過去記事に
シェイプキー設定せずにVチューバ―キャラクターとして動かしていく流れを説明しているので、簡単に述べます。(詳細はご参考ください↓)

【自作の3Dモデルで即VTuberになれる】fbxファイルをvrmファイルに変換して3teneで自在動かす方法【Blender・Unityユーザーにおすすめ】3Dモデルを作るのが好きな方、 顔はバレずにVTuberとして動画配信をしたい方、 唯一無二のオリジナルモデルを自在に動かし...

モデルのRigをhumanoidにしたら、
念のため、「Configure」から各ボーンが適切に割り当てられているか確認しましょう。

シーンに配置したモデルのSkelton配下に各ボーンがあるので、
不足があれば、それをドラッグ&ドロップで紐づけて、Applyします。

モデルのマテリアルのセット、位置やスケールを適切に設定したら、
vrmファイルとして出力します。

出力先は、Unityの当project内でよいでしょう。
(さらに、Vrmファイルに対してUnityで調節するため)

2.VrmファイルのBlendShapeを設定する

シーンに配置したFbxファイルは不要なので、代わりにVrmファイルを配置します。

Vrmファイルのモデルは、FbxファイルとはちがったInspectorになってます。

シェイプキーが作動するようにするためには、
コンポーネント「VRM Blend Shape Proxy」の
項目「Blend Shape Avatar」に適用されている「BlendShapeファイル」を設定します。

クリックすると、そのファイルの居場所(参照元)がわかるようになるので、
そこの「BlendShapeファイル」をクリックして、設定を始めます。

上の「Select BlendShapeClip」は、AIUEOの母音を発したときの他、Blink(まばたき)やJoy(楽しみ)、Angry(怒り)、、などが用意されてます。
「Create BlendShapeClip」で追加することも可能です。

例えば、母音AのClipにて、Blenderで作ったシェイプキー「Aa」を100(Blenderシェイプキーでの値1)になるように設定します。

(キャラクターの画像は、下に隠れているので引っ張り上げます)

たったこれだけです。

数が多いと面倒ではありますが、
ここで再ブレンドして新たな表情を作れるので、
Blenderでは行き過ぎたくらいの表情のシェイプキーを作っておくと便利です!

3.目線位置の調整

このままでも、自分の動きに合わせてキャラクターも動いてくれますが、視覚を設定することでより、最適なものになります。

「VRM First Person」の「First Person Offset」の座標をキャラクターの両眼の間の少し前くらいに設定しましょう。

 

シェイプキーに関する設定は以上です。

設定したモデルを再びVRMファイルとして出力すれば、
3teneなどでシェイプキーがClipに応じて動くようになってます。

3teneについては、下の記事の「2.」をご参考ください。

【VRoid Studio×3tene相性抜群】一瞬でVTuber用のアバターを作成&動かす方法【簡単×無料×高品質なサービスです!】昨今では、YouTubeを観るだけでなく、 チャンネルを開設し、発信する人が増えてきました。 本記事を見ている、あなたも発信...

お試しあれ^^

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »