Blender

【Blender】モデリング時にボーンヒートウェイトのエラーを回避する方法【逆転の発想:前もってリギングしとく】

以前にボーンヒートウェイトのエラーが生じたときの
解決策を紹介しておりました↓

【Blender】ボーンヒートウェイトのエラー 原因探索と解決策【むやみにオブジェクトとして結合すると生じやすいみたい】Blenderにおいて、 キャラクターのモデリングが終わり、 アニメーションできるようにするために、ボーンを仕込もうとした矢...

結果として、
エラーは、いろんな問題によって起こるため、
出てしまったら最後、

順にエラー箇所を探索し、
解決しなければならないという話でした。。
(探索の仕方の解説でした)

 

エラー箇所がわかり、対処すれば、
ゼロから作り直すことは回避できますが、

手間がかかるので、萎えは避けられませんよね。。

 

モデリングを終え、
これからボーンを仕込んで動かせるようにするぞぉ!と意気込んだときに、
このエラーが出たときのクソだる感ときたらもう・・・

モデリングが嫌いになります・・・

 

しかし、今回
そもそもボーンヒートウェイトのエラーを生じなくさせる
1つのテクニックがわかったので、共有します!

(モデルを量産されている方は、当たり前にやっている方法かも^^;)

 

それは、

”いったんシンプルなモデルを作ったところで、
ボーンを仕込み、リギング(頂点ウェイトへの割り当て)を済ませておく”

という方法です。

ボーンヒートウェイトのエラーは、
主に、頂点やメッシュが入り組んだことで発生します。

これはモデルに服などの装飾を加えたことによって、起こりやすくなります。

人型モデルの場合、
裸(ベース)のモデルができた段階で、ボーンを仕込み、リギングしてしまいましょう。

できれば、ウェイト割り当ては問題ないくらいに、仕上げておきましょう。
(腕ボーンを動かして、お腹がよじれたりしないように正しく)

そして、正常にボーンによって動くモデルが出来上がった上で、
装飾を加えていきます。

 

具体的には、ベースの頂点や面を複製(Shift+D)して、ベースより前になるように、拡大&移動させます。


(ちなみに、髭とスパッツも複製から作りました^^)

このオブジェクトは複製しているので、
元の頂点と同じ情報(ボーンへのウェイト)をもっています。

つまり、複製で作った服はボーンを動かせば、ベースと同じように動くのです!

これは普通にモデリングした場合、
皮膚、下着、上着の頂点に、それぞれリギングをするよりも、圧倒的に楽になります。

もちろん編集も可能です。

こうしておけば、装飾追加後に「ペアレント」ボタンをクリックすることがないので、
ボーンヒートウェイトのエラーが生じることはないのです!

複製した頂点に、カラーマテリアルをつけると、形作りやすいです。

 

以上、やっている人にとっては、
当たり前すぎてあまり解説されていない、テクニックでした。

以上

その他、パソコンは使いこなさないと損しかありませんよ~!

来たるリモート時代!Zoom便利機能をわかりやすく紹介↓↓【オススメ】

【来たるリモート時代】Zoomで知っておきたい便利な機能10選【好印象効果・配置変更・好きな動画像を背景に..など】何かとリモートで済まされるこの時代。 多くの方は、Zoomというサービスで リモート会議や飲み会などを行っているのではないで...

 

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA