生活術

横スクロールができる高機能(割り当て10以上)で安価なマウスはELECOM製「M-DWL01DBBK」だった【買うまでのお話とレビュー(写真多数)】

最近、パソコンのマウスの調子が悪く、
クリックしているのにドラッグになったり、
電池は新しいのに、Bluetoothが途切れたりして、作業に支障をきたしていたので、
マウスを購入することにしました。

せっかく新しいものにするのであれば、
前よりも高機能なマウスにしたいと思っていました。

そこで、
新しいマウスに求める機能TOP3を決めて、マウスを探しました。

求める機能TOP3
1.縦スクロールと横スクロールができる(ホイールだとなお良し)
2.ボタンが多く、自由に割り当てができる
3.マウスを操作するのに負担が少ない設計

私は、officeソフトをよく使うので、横スクロールが直感的にできると良いなぁと思っていました。

ホイールのクリックだけでなく、サイドのチルトクリックが現在のマウスはできないので、
それさえできれば、横スクロールを自分で割り当てることもできそうです。
なので、ボタンの多さも求めました。

それでも、やはり横ホイール型は若干目新しいので、今回の買い物のわくわくポイントとして、
横ホイールマウスを優先して探すことにしました。

そこで、ネットや店舗を見ていて、3つの商品を購入するのに迷いました。

1.製品比較

高価格なものから順に、載せていきます(※価格は時期によって変動します)。

ロジクール社「MX Master 2S MX2100sGR」

amazon価格:8,800

エレコム社「M-DWL01DBBK」

amazon価格:6,600

VicTsing社「PC253」

amazon価格:3,099

三つ巴です。

MX Master 2Sは、youtube動画でもたくさん紹介されていて、ハイエンドマウスとして有名です。
今ではMX Master 3が出ていて、”amazon's choice”となって価格が非常に安くなっていました。

元々の定価が13,000円くらいでレビューの多さからも、品質は良さそうです。
しかし、横スクロールの横に「進む」「戻る」相当のボタン配置されていて、操作しにくそうです。

価格が下がったとはいえ、候補の中では最高値。
そして、明らかなデメリット・・・

 

PC253は、安くて予算をかけたくない、マウスは消耗品だ!と割り切れるなら、ありだと思いましたが、
レビューの写真をみると、ちょっとデザインがさびしい気がしました。
(安価からくるイメージかもしれません)

私は、マウスは故障するまで使う人間なので、できるだけテンションが上がる見た目が良いのです。

M-DWL01DBBKは、店頭で唯一、実際に触れてみました。
3サイズ(S、M、L)ある内のLサイズが一番がいちばん手にフィットし、安定性を感じました。
デザインは真っ黒ですが、少し存在感のあるアナログなホイールが2つを搭載され、個性を感じました。

そこで、この「M-DWL01DBBK」を買うことに決定いたしました。
パッケージも高級感あるしね^^;

2.購入方法

そのまま店頭で買おうかと思いましたが、
自称”スマホアプリ決済マスター”である私は、

今月(2020年9月)は、スマホのアプリ決済”d払い”で、
対象のお店(ネットショップも含む)で2店舗以上を利用すると、
30%ポイントバックになる情報を知っています。

ドコモユーザーならamazonでd払いが利用できるので、そのように購入しました。

 

マウスに関係ない話ですが、スマホアプリのお得さを知らなかった人は、こちら↓↓

スマホ決済アプリの選び方【2020年7月現在の最適解】これでもう迷わない!皆さま、アプリによるスマホ決済を利用していますか? キャッシュレス還元事業(2020年6月末終了)やマイナポイント事業(2020年...

3.開封レビュー

中身は、マウスとBluetoothレシーバーとテスト用(長持ちしないということ?)の単3電池2つ、取扱説明書が同梱されていました。

 


詳しいマニュアルの閲覧や機能の割り当ては、そのメーカーサイトからダウンロードすることで可能となります。

 

差し当たり、触ってみた感想を述べると、

マウスの表面がざらざらしたデザイン?で、スベスベのほうが個人的に好きでした。

左が今回買ったもの、右がこれまで使っていたもの(SanwaのMA-NANOLS12BK)

店頭では、ざらざらじゃなかった気もしたのですがね・・・(*_*;

 

縦ホイールは、カリカリモードとスイスイモードを真ん中のボタンで切り替えられます。(語彙力)

横ホイールですが、もう少しスクロール力が高くてよいかもしれません。
回すのが、やや手間という。

また、横ホイールを回す際は、手をややずらすと回しやすいです。
このずらしたポジションで操作に慣れれば、手首が立つので、肩や腕のねじりが和らぐ気がします。

 

と、色々言うてますけど、コスパは良い商品だったと思います。

ネットの声の多さで、MX Masterに1万近くも使わなくて良かったと思えました。

どんなにマウスの機能がよくても、ぶっちゃけそんなに使いこなさないなと・・。

この商品はホイール2つに、ボタンは全てで12か所、
プロファイルという引き出しが4つまで保存し、切り替え可能なので
単純計算で48の機能を割り当てられますからね・・・^^

実際、作業の大半はキーボードでできるようにした方が、効率が良く、両手を均等に使えてよいです。

デザインや細かいドラッグ&ドロップが要求される作業で、マウスは大きな役目を果たします。

 

まとめとして、
高機能であろうと、マウスは、
やっぱりデザインと触り心地、直感的な操作性で
選ぶのが一番良いと、今回の買い物で思いました。

デザインやUIを優先するMac(iPhone)的考え方ですね。

追伸:半年使用して、ダブルスクロールに慣れました!存在感のあるマウスが毎回テンションを高めてくれてます^^

マウス ワイヤレス (レシーバー付属) Lサイズ 6ボタン DUALシリーズ ハードウェアマクロ搭載 サイドホイール 高速スクロール Ultimate Blueセンサー ブラック

以上、ご参考まで。

 

マイナンバーカードの発行で本人確認をより快適に、マイナポイントでスマートにポイントゲットしたい方はこちら↓↓

マイナポイント(5000円分)をもらう準備はできてますか?【今やっておくべきことを解説】2020年9月より、マイナポイント事業が始まることをご存じですか? コロナウィルスによる不況、国民一律10万円給付 ですっかり注...
ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA