パソコンテク

【OBS studio機能】生配信やリモート会議のプレゼンで自分を丸いワイプで映す方法【ZoomやYouTubeで使える】

「リモートワーク」「ソーシャルディスタンス」が叫ばれる昨今では、
”OBS studio”という配信系フリーソフトを、使うととても便利です!

その理由は、
映像や資料、テキストなどを
自由に配置・表示できるからです!

リモートでプレゼンするビジネスマンや、
オンライン授業に苦労している指導者の方には、
もってこいな技術ですね^^

(話す人の表情が見えるって大事!)

特に、本記事では、そのような配信において
自分の顔を丸いワイプ(その他、自由な形)で切り抜いて配信する方法
を紹介します。

パワポなら、それをバーチャル背景にする機能が、Zoomに標準実装されています。
その方法は↓の記事(トピック4)で解説

【来たるリモート時代】Zoomで知っておきたい便利な機能10選【好印象効果・配置変更・好きな動画像を背景に..など】何かとリモートで済まされるこの時代。 多くの方は、Zoomというサービスで リモート会議や飲み会などを行っているのではないで...

では、以下に丸いワイプの設定方法を解説していきます!

1.OBS studioで映像を丸いワイプにする方法

まず、OBS Studioはパソコンで機能します。

パソコンのWebカメラで自分が映るようにしておきます。

OBS studioを起動します。

①ソースの「+」から「映像キャプチャデバイス」を選択します。

②デバイスで使用しているWebカメラを選択すると、写っている映像が図のように表されます。

もし、Webカメラをもってない or 高画質でないというそこのあなた!
スマホがパソコンのWebカメラになることを知ってますか?(下の記事をご参考あれ)

【高画質*広角レンズ】パソコン用のWebカメラはスマホ(AndroidやiPhone)の代用がおすすめ【無料アプリ”iVCam”を使うだけ】リモートワークによって、パソコンにカメラが必要になった方がたくさんいると思います。 しかし、カメラを新しく買う必要はありません。 ...

このままでは、四角の映像を配置することになりますが、この映像キャプチャしたものを丸くしたいですね!^^

①作った「映像キャプチャデバイス」を選択した状態(もしくは右クリック)で「フィルタ」を選択します。

②「エフェクトフィルタ」の「+」から「イメージマスク/ブレンド」を選択します。

③種別「アルファマスク(カラーチャンネル)」で、パスの「参照」から下のような図を選択します(白いところ以外はマスクされます)。

どうぞ自由にご活用ください↓

すると、映像キャプチャが丸くなったと思います。

あとは、この丸いワイプのようになった映像キャプチャを画面の右下の方に配置させ、ウィンドウキャプチャなどから資料を画面全体に表示させればOKです。

2.ZoomでOBS studioの映像を配信する方法

解説するほどでもありませんが、
OBS studioを起動していれば、Zoomのビデオ通話の「▲」からデバイス選択のところに、「OBS Camera」があります。

それを選択するだけです。

 

以上、OBS studioはZoomだけでなく、映像配信源として、どのようなモノにも適用できると思いますので、使いこなせるのが良いでしょう^^

【Zoom応用】バーチャル飲み会!?イケメンor美少女キャラクターでZoomする方法【Vtuber御用達"OBS studio"で合成配信】これまで、VTuberや映像制作向けに使える ”バーチャルキャラクターを自在に動かす方法”を解説してきました。 3Dモデリン...
【Filmoraで動画編集】画像や動画を特定の形にマスクして重ねる方法【一瞬でできます】現代は個人が発信する時代。 動画編集は、必須のスキルです。 ただ専門家になる必要はありません。簡単な操作で、見た目が綺麗に仕...
ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA