Unity

【自作の3Dモデルで即VTuberになれる】fbxファイルをvrmファイルに変換して3teneで自在動かす方法【Blender・Unityユーザーにおすすめ】

3Dモデルを作るのが好きな方、

顔はバレずにVTuberとして動画配信をしたい方、

唯一無二のオリジナルモデルを自在に動かしたい方

に必見の情報です!

3Dモデルなんかまったく作れね~^^;という方でも、
3Dモデルは販売されてたり、作ってもらうことができるので、
そのモデルを自在に動かせるようになりたいと思ったときに、
本記事は参考になるはずです。

※モデリング能力もないし、お金もかけたくない方には下の記事がおすすめ↓↓

【VRoid Studio×3tene相性抜群】一瞬でVTuber用のアバターを作成&動かす方法【簡単×無料×高品質なサービスです!】昨今では、YouTubeを観るだけでなく、 チャンネルを開設し、発信する人が増えてきました。 本記事を見ている、あなたも発信...

上の記事でも、述べていますが、煩わしい操作なしで自在にキャラクター(アバター)を動かすなら、3teneというソフトがおすすめです。

このソフトは、vrmという形式(○○.vrm)のキャラクターモデルファイルが対応しています。

3DCGソフトで有名なBlenderやゲーム開発エンジンUnity

(どちらも無料で利用できる)

では、キャラクターモデルの多くが、fbxという形式(○○.fbx)で扱われています。

販売さる3Dモデル(ボーンが仕込まれ、動かせる状態のもの)も、fbxモデルが多いことと思います。

 

そこで、本記事では、

そんなオリジナル3Dモデルを、3teneに適応させてソッコーで動かせるようにするために、

"fbxファイルをvrmファイルに変換する方法"を紹介します。

1. 必要な環境

●リギング済み(ボーンが仕込まれた)の3Dキャラクターモデル(fbxファイル*)
*その他もいけるかも

●Unity(もってなければこちらからUnity Hubをダウンロードして起動してください)

●3tene FREE(こちらからダウンロードしてください)

●UniVRM(Unity上で使用するもの。3.の段階でダウンロードします)

2.モデルの準備

Unityのプロジェクト(3D)を立ち上げたら、Scene作成画面の、

Assetフォルダ内に、3Dキャラクターモデルのファイルをドラッグ&ドロップしてください(必要なテクスチャなども)。

モデルを選んで「Rig」のタブから、「Humanoid」を選択し、Applyします。

(ここでエラーが出るようであれば、ボーンが上手く仕込まれていないキャラクターモデルなので、修正したほうがよい)

そして、モデルをSceneにドラッグ&ドロップします。

この段階で、モデルに色がついていない場合、マテリアルを付ける必要があります。

 

<モデルに色をつける>

モデルにテクスチャという画像ファイル(モデルの柄)があるなら、「Sprite(2D and UI)」を選択してApplyします。

さらに、下の図のようにマテリアルファイルを作り、Albedoのところに「Sprite(2D and UI)」に変換した画像ファイルをドラッグ&ドロップします。

 

マテリアルファイルをモデルにドラッグ&ドロップします。

単色で色を付けるなら、マテリアルファイルを作り、Albedで色を選択しただけのものをドラッグ&ドロップするのでよいでしょう。

 

最後に、キャラクターのTransformの「…」からResetを選択し、xyzの座標、回転角を全て0に、スケールを全て1にします。

写真に近いリアルガチアバターを作る方法を完全解説してるのは本ブログだけ!↓

 3.キャラクターをvrmファイルとして出力

Unity上で、vrmファイルに変換するものは、UniVRMというファイルが必要です。

こちらのAssetsの欄の一番上をダウンロードして、ファイルを開いてください。

インポートするウィンドウが出てくるので、「Inport」を選択します。

すると、「VRM」というタブが現れます。

Scene上のvrmファイルに変換したいキャラクターを選択して、

図のように、VRMタブから「Export humanoid」をクリックします。

●「Meta」タブの「Title、バージョン、著者名」が必須なので、任意に記載します。

●「ExportSetting」タブの「Force T Pose、Pose Freeze」にチェックを入れる。

これらの2つを漏れなく、満たしてからExportします。

★★2021年8月訂正★★
UniVRMパッケージが更新され、少し違いがあるようです(VRM0?)。
「Export UniVRM-●●(version)」を選択します。
ここでTextureにエラーが生じる場合は、すでにモデルに実装されているので、
noneでよい。
★★★★★★★

モデルvrmファイルの保存先は任意のフォルダに。

 

後は、3tene FREEを起動して、出力保存したvrmファイルを読み込むだけ!

モーションボタンに合わせて動いたり、

顔認識によって顔の向きを制御できるようになります。

動かない場合は、

Unityちゃんなどをサンプルに同じ操作をやってみてください。

それでも上手く動かない場合は、操作もしくはファイルソフトに不具合が生じているかもしれません。

 

さて、これで誰もが

オリジナルのキャラクターで、自分の分身として、VTuberになれるようになります!

カッコ可愛くデフォルメして、人気配信者になってくださいね^^

リアルタイムでキャラクターを動かす映像を配信するならこちら↓↓

【Zoom応用】バーチャル飲み会!?イケメンor美少女キャラクターでZoomする方法【Vtuber御用達"OBS studio"で合成配信】これまで、VTuberや映像制作向けに使える ”バーチャルキャラクターを自在に動かす方法”を解説してきました。 3Dモデリン...

秒で自分の分身を作るならVRoid Studioがおすすめ↓↓

【VRoid Studio×3tene相性抜群】一瞬でVTuber用のアバターを作成&動かす方法【簡単×無料×高品質なサービスです!】昨今では、YouTubeを観るだけでなく、 チャンネルを開設し、発信する人が増えてきました。 本記事を見ている、あなたも発信...

VRoidモデルをゲームキャラクターとして動かしたい場合はこちら↓↓

【ゲーム開発】VRoid Studioで作成したモデルをUnityで動かすまで【vrmファイルの導入とStandard Assets制御の適用】VRoid Studioは、 手軽に動かす3Dキャラクターモデルを製作するのに、とても便利なツールです。 これを使えば、 自分...

写真に近いリアルガチアバターを作る方法を完全解説してるのは本ブログだけ!↓

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »