パソコンテク

【Filmora】画像にアニメーション(位置・回転・スケールを変化)させる方法【これだけでアニメが作れる】

誰もが簡単に動画編集を可能とするソフトFilmora!

今回は、Filmoraで画像が自由に動くアニメ―ションの作り方を説明したいと思います。

超簡単なので、子供からパソコン操作が苦手な大人まで、すぐ使いこなせることでしょう。

これを使えば、下のように画像の大きさを変えながら、
移動させられます。

※Filmora Xで実装されたモーショントラッキング機能では、追跡することはできますが大きさや回転ができません。

 

それでは早速解説していきます^^

1.画像を準備する

Filmoraに搭載されている素材で、

静止画像はなさそうなので(動くものはある)、

フリー素材が配布されている「いらすとや」様より画像を拝借します。

 

まず画像を配置し、表示させる期間に合わせて、トラックを引き延ばします。

画像トラックをクリックし、「変形」からスケールやポジションを決めます。

ここでは、はじめに拡大から始めます。

この初期値から、アニメーションをつけて、
徐々にななめ左上に縮小させていきたいとします。

この初期値をまずキーフレームに保存させます。

そのために、「アニメーション」というタブの「カスタマイズ」を押して、「追加」をクリックします。

そのフレームにこの初期値が記録されます。

 

赤いタイムバーを終了地点までもってきて、そこで変化後の状態(ポジション・スケール)を入力します。

自動で、それがフレームに入力されます。

(女性のキャラクターは無視してください^^;)

 

今、初期の終了時点にフレームが打たれました。

(トラック上の白〇がそれ)

 

再生すると、この間はスムーズに動きます。

この場合、徐々に縮小と位置移動が起こります。

間の変化度合いに変更を加えたければ、そこにタイムーバーをもってきて、ポジションやスケールを変えるだけです。

 

どうです?簡単でしょう?

Filmoraで誰でも直感的に、アニメーションを作ってみましょう!^^

Filmoraの操作に関する他の記事もぜひ参考ください↓

【Fimoraで動画編集】疑似的に自由な形のマスクを行う方法【精度は求めないけど超簡単】前回に記事で、Filmoraでのマスクの適用方法を紹介しました。 「イメージマスク」というプリセットから、形を選択し、適宜調整する...
【Filmoraで動画編集】画像や動画を特定の形にマスクして重ねる方法【一瞬でできます】現代は個人が発信する時代。 動画編集は、必須のスキルです。 ただ専門家になる必要はありません。簡単な操作で、見た目が綺麗に仕...

ちなみに、

私の運営するYouTubeチャンネル「システマ洗脳TV」はFilmoraで作成してます。

どのような映像が作れるかご参考まで^^

※システマ=旧ソ連特殊部隊で採用されていたトレーニングメソッド

こんなに快適に動く方法があるなんて、、、と常識が覆えるノウハウですよ(おすすめ)!

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
某有名健康食品メーカーに勤めながら、ロシアの武術”システマ”の訓練に精通。その後、システマの概念とスキルを軸に生きること、その普及活動に投身することを決意。 ”システマ”の概念より、過酷な現代社会を、スマートかつ快適に暮らせるようなノウハウを、ブログを通じて忖度なしで発信中~! 問い合わせはTwitterのDMで!(https://twitter.com/inamo002)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA