パソコンテク

【VRoid Studio×3tene相性抜群】一瞬でVTuber用のアバターを作成&動かす方法【簡単×無料×高品質なサービスです!】

昨今では、YouTubeを観るだけでなく、

チャンネルを開設し、発信する人が増えてきました。

本記事を見ている、あなたも発信する体験をしてみませんか?

 

「面白そうではあるけど、

 パソコンが苦手だし、顔出しもしたくない」

という方が多いかもしれませんね。。

 

そんな方は、架空(Virtual)のキャラクターを作り、発信するのがおすすめです。

このスタイルでYouTubeをする人を"V Tuber" と呼びます。

 

本記事では、

誰でも超簡単に、自分の動きに連動するアバターを作る方法を紹介します。

使用するサービスは、VRoidStudio3teneというものです。

 

安心してください。無料です。

VRoid Studioとは、このようなキャラクターを作るサービスで、

3teneとは、作られたキャラクターをカメラ認識で人と連動させたり、

設定した動きをボタン1つで繰り出すようにできるものです。

 

興味本位ですぐに実践できるので、ぜひ試してみてください。

それでは、以下、その方法を紹介します。

1. VRoid Studioによるvrmモデルの作成

まずは、下のURLより、VRoid Studioをダウンロードします。

https://vroid.com/studio

Windowsなら一番上の64bitインストーラをクリックで大丈夫です。

保存先やデスクトップにアイコン配置などを設定します。

早速、ソフトを起動すると、フォーマット(ベース)が7つ用意されています。

(男性モデルは1つ^^;)

VRoid Studioは、ベースが綺麗なので、そこに髪の毛や服を自分でアレンジすることで、イイ感じのモノが仕上がります。

VRoid Hubというところでは、みんなの作ったモデルが公開されており、コンテストやイベントなどが開催されているほどです。

各パーツの大きさや、動作による揺れ加減などが調整できます。

できたら、エクスポートでvrm.ファイルとして保存します。

 

※vrm.ファイルが3teneで読み込むことのできる形式となります。
この2ソフトは相性が良いということですね。

2. 3teneでアバターを動かそう

3tene FREEを次のURLからダウンロードし、ファイルを開きましょう。

https://vroid.com/studio

実は3teneには、この無料版の他、有料版(ProやStudio)があり、高いものほど、全身のモーションキャプチャーや高精細な表情の変化などのトラッキング機能が増えます。

ちなみに、無料版では、顔の向き、口の動き、さらに「Leap Motion」という機器を使えば、腕から指先の動きをトラッキングすることができます。

正直、十分な機能が揃っています。

ソフトを起動したら、先ほど作成したモデルを読み込みます。

これで、ほぼ完成です。

左の表情やモーション、さらにエフェクトを選択し、反映させることができます。

さらに、

右のトラッキング設定から、自分の顔の動き(LeapMotionがあれば手も)を連動させられるようになります。

リップシンクは、口の動きです。

通常は、口の形を認識して、連動させますが、

2段目の設定から、音による連動も可能です。

また、視線をカメラ目線のON/OFFもできます。

顔認識で読み込まれている自分の映像も確認できます。

 

ここまで無料で提供されているのですから、テクノロジーの進化です^^

 

さて、自在にコントロールできるアバターを手に入れたら、

動画制作のために、合成しなければなりません。

それも3teneで準備できます!!

 

 

たいていの動画編集ソフトには、

”クロマキー機能”といって、特定の色を透明にすることができます。

そのための準備として、左の背景設定から、一面グリーンに設定します。

そして、録画ボタンを押すと動画を保存することができます。

 

例えば、”アバターを表示したまま、ゲーム実況プレイ動画を作る”ならば、

ゲームの画面を、他の画面キャプチャツールを用いて保存しつつ、

アバターは、3teneソフト内で録画をしておく。

すると、ゲーム画面とアバターの動きを同時に録画することができます。

その後、編集で、アバターだけをゲーム画面上に乗せれば、出来上がります♪

 

ライブ配信する場合は、OBSスタジオというもので管理していくのですが、

そのソフト(無料)の使い方は、下の記事で解説しています↓

【Zoom応用】バーチャル飲み会!?イケメンor美少女キャラクターでZoomする方法【Vtuber御用達"OBS studio"で合成配信】これまで、VTuberや映像制作向けに使える ”バーチャルキャラクターを自在に動かす方法”を解説してきました。 3Dモデリン...

 

それでは皆さんもぜひ、

お手軽に、自分の分身(アバター)を作ってみてください。

以上

 

自作の3Dモデルがあるなら、vrmファイルに変換すれば3teneで即操作可能です↓↓

【自作の3Dモデルで即VTuberになれる】fbxファイルをvrmファイルに変換して3teneで自在動かす方法【Blender・Unityユーザーにおすすめ】3Dモデルを作るのが好きな方、 顔はバレずにVTuberとして動画配信をしたい方、 唯一無二のオリジナルモデルを自在に動かし...
ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA