雑記

2020年の都知事選に思うこと【偏りまくった私の思想を綴ります】

現在開票中、小池さんが当選確実との報道。

都民の私も含め、界隈では小池さんを支持している人は見かけません。

 

当選の要因は、組織票が大きいと囁かれています。

民主主義なので、数が多い方の意向に従わざるを得ません。

なので、文句はありません。

 

しかし、日本は、昔からのこれほどの民意と政府にズレがあったのでしょうか・・?

私が政治に関心が沸き始めたのは、

橋下さん(元大阪府知事)が政治家として活動していた頃でした。

まだ知識のない私でも、

橋下さんが話すことと、他の政治家の話すことに、明らかな信憑性の違いが感じられました。

話の筋が通っていることの他に、

明確なビジョンをもつ人の声は、より心に届くのでしょうか?

 

政治には正解がない、だから失敗があって当たり前です。

失敗に対して、非難する日本の民度、うんざりします。

 

だから、失敗を隠蔽したり、

圧力によって、自分の意志とは異なる方向へ、政治を進めてしまう。

 

何事においても、やり抜いて失敗しなければ、成長はありません。

規模が大きな政治ほど、やり抜いてみなければ、何も進歩はしないでしょう。

得られるのは、特定の人たちのポジションだけ。

 

今回の東京都知事選の結果は、

橋元さんの大阪都構想否決(→政界引退)

の時と重なる落胆を覚えました。

 

「大阪府民はやらかしてしまったなぁ」と当時は、

県外の立場から、府民に呆れていました。

しかし、今ならある程度、推測し、理解できます。

あれも多くは組織票が生んだ結果であると。

 

今回を機に、おそらく都民は、全国から呆れられているでしょう。

しかし、都民でもどうしようもないことです。

 

 

システマの重要な4大原則に、”動き続けること”とあります。

ポジションに居座ったり、変化を求めて、行動し続けないものは滅びます。

 

「将来は安定に過ごしたい。」

これは、ごく当たり前に多くの人が望むことでしょう。

平和的に聞こえますが、”安定を脅かす者が現れれば、駆逐する”という強いエゴにも変わり得ます。

いわば、戦争を生む元凶といっても過言ではありません。

 

なぜ脅かす者の出現、奪い合いが起きるのか?

それは、社会は完全でないため、

すべての人が幸福な生活水準を保つことができないからです。

 

近年ではテクノロジーが発展し、

誰もが無料で情報を手に入れ、コンテンツを楽しみ、

幸せを享受しやすい時代になってきました。

世界中の人たちが、平等に幸せを感じ、共有できる世界が訪れようとしています。

後一歩のところでしょう。

 

しかし、この発展の障害となっているのは、

現在の未完全な社会で、「安定に過ごしたい」という、

停滞的な思想であると、私は強く感じます。

 

そう思うのは、まだ早い!

世界はもっと良くなれるはずだと。

 

テクノロジーによる完全なセーフティーネットが実現した社会なら、

エコシステムや自然との共存といった、あらゆる人類の課題に、

世界が一丸となって取り組むことができる、さらに良い世界へ万進できると思います。

嫌な仕事、無駄な仕事から人々を解放し、

世界に必要な仕事を国民に任命していくほうが、スマートです。

 

コロナ不況の際、失業者にそのような仕事を割り振れない政府は、

実現したいビジョンがもっていなさすぎるのではと思います。

 

最後に、小池さんに問いたい。

都知事してて本当に楽しいか?

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA