パソコンテク

これだけでも覚えたい!文章入力で時間と体力の浪費を抑えるショートカットキー5選【+身体のバランスも保たれます】

ビジネスパーソンや学生の方々、

そのほとんどがパソコン作業に従事されています。

 

そんな仕事の必須道具であるパソコンを、より効率的に扱えれば、

間違いなく、生産性が向上します!

いなも@システマ使い
いなも@システマ使い
生産性の向上・・・利己的に言うと、
あなたの自由な時間を増やすこと、あなたの体力を浪費しないことに繋がります!!

 

その効率的な操作として、第一に”ショートカットキー”です。

しかし

”そんなの数が多くて、覚えられないよ”

”頻繁に使うかどうかわからないし、覚えなくていいや”

そう思って、生産性を上げる機会をみすみす逃していませんか?

今回、私が、絶対有用な5つを厳選して、紹介します!!

 

ショートカットキーとは、キーボード入力のこと。
パソコンとして、むしろ公式的な操作です。

マウスカーソルで絶妙に位置を調節して、クリックしていたことが、
指をはじくだけで済みます。
キーボードというのは素晴らしい発明で、
その早さは、音声入力、視線入力、モーション入力が今後発展してきたとしても、
凌駕されることはないと、私は思います!!
(音声にとって得意領域な、翻訳などは別)

 

だから、あきらめずに身につけてほしい!

 

紹介するのは、パソコン作業の基本、
”文章入力”に使えるショートカットキーです。

これらを行うと、両手を均等に扱うように促されるので、
身体のバランスに良く、姿勢も崩れにくいと思います。

両手を使う、つまりピアノの伴奏をするかのように、

脳内活性化も期待してもらいつつ、

ぜひ持ち帰ってください!!

 

1.「ctrl + ← or →」で単語ごとに飛べる

乱文の多い私が言うのもなんですが、

文章を推敲したり、訂正したりするのに、

パソコンが単語を認識して、飛べるので快適です!!

 

2.「shift + ↑ or ↓ or ← or →」で文字選択ができる

握力と摩擦を生む浪費作業のドラッグを削減できます。

↑↓でその行すべてを選択できるので、

うまく端っこにカーソルを合わせる必要がありません。

選択ができれば、削除も早いし、コピペも楽ちんです!

 

3.「Home」で文頭、「End」で文末にワープ

文末から文頭まで何十文字もあり、その分だけキー入力するのも面倒ですね。

何気に癖付けておくと、快適になれます。

 

4.「PageUp」と「PageDown」でページスクロール

多少の行移動は、↑↓の方が調整が効きやすいですが、一気に移動できます。

スワイプよりも、有用です。

 

5.「ctrl+z」でやり直し、「ctrl+y」または「ctrl+shift+z」で
やり直しをやり直し^^;

以外に知られていない後者、でも使いたいときにって結構ありますよね。

officeソフト系は「ctrl+y」ですが、基本は「ctrl+shift+z」となっています。

 

おまけ.「F2」が以外と便利

使うソフトによって機能は異なりますが、どうしても伝えたくて入れました。

特にExcelで有用です。

セル内の内容を、すぐに修正できるようになります。

通常だと、そのまま入力すると上書きされたり、

修正するならセルから離れた入力バーまで

カーソルをもっていかなければなりませんでした。

それが解放されます。

その他、Wordソフトでは、F2で切り取れて、Enterでペーストができます。

ctrl+Xとctrl+Vのほうが汎用性は高いかもしれませんが・・。

兎に角、ExcelではF2です!!^^

 

 

以上、両手の指を使うことは、生産性とあなたの身体に対して良いことばかり。

まずは、今回紹介したキーに指を添えられるようになること。

ノールックで押せるようになれば、直感的に文章入力と推敲ができるようになります!!

 

お試しください~^^

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
某有名健康食品メーカーに勤めながら、ロシアの武術”システマ”の訓練に精通。その後、システマの概念とスキルを軸に生きること、その普及活動に投身することを決意。 ”システマ”の概念より、過酷な現代社会を、スマートかつ快適に暮らせるようなノウハウを、ブログを通じて忖度なしで発信中~! 問い合わせはTwitterのDMで!(https://twitter.com/inamo002)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA