動画編集

【Fimoraで動画編集】疑似的に自由な形のマスクを行う方法【精度は求めないけど超簡単】

前回に記事で、Filmoraでのマスクの適用方法を紹介しました。

「イメージマスク」というプリセットから、形を選択し、適宜調整するのでした。

【Filmoraで動画編集】画像や動画を特定の形にマスクして重ねる方法【一瞬でできます】現代は個人が発信する時代。 動画編集は、必須のスキルです。 ただ専門家になる必要はありません。簡単な操作で、見た目が綺麗に仕...

そこで、マスクをもっと自由な形でできないものか・・と思いました。
しかし、Filmora9や10には、その機能はありません。

専用の別ソフトでマスクを作る方法もありますが、
ここでは、疑似的なマスクではありますが(マスクされたっぽく見える)、
超簡単な方法を紹介します。

精度が悪いので使うシーンが限られますが・・・
参考程度に共有します。

1.自由な形の単色画像を作成する

まず、任意の形をした単色画像を作成します。

例として、手足の生えたハートを作成してみました。
(例として謎過ぎ^^;)

 

<このときの注意点>
●画像は背景を透明にする(もしくは別の単一色にして、後でクロマキーを適用する)
●単一色は、背景の動画の色が暗ければ白、明るければ黒を選択する

※ハートは本当は白ですが、この記事では見えないので、ピンクに塗ってます。

【ペイント3D】背景が透明な画像を作成する方法【透明なキャンパスを選んでpngファイルで保存するだけ】windowsには、ペイント3Dというお絵かきソフトが標準装備されています。 普通に描くと四角い背景が保存されますが、 描い...

2.動画に適用する

Filmoraの動画上に、作成した単一色画像を配置します。

このとき、マスクしたい画像をその単一色画像の上に配置します。

そのままだと、ハートが隠れます。

が、それから上に重ねた動画像のトラックをビデオタブの「合成」を調整します。

描画モードを「比較(暗)」にします。

すると、真っ白だった部分(ハート型)に動画像が描画されるようになります。

疑似的マスクの完成です!^^;

もし背景の動画が明るければ、真っ黒なハートを作り、描画モードを「比較(明)」にします。

 

このように、実に簡易的な方法ですが、「描画モード」を調整するという知識を知っておくと何かと役に立つはずです。

背景の動画の色にかなり左右され、完全にマスクしたい部分以外も若干描画されることもあります。

そんなときは、基本のイメージマスクの範囲を調整し、目立つようなところをカットすればよいかと思います。。

 

もっと王道なマスクを作りたい・・そんな方は別の記事でお会いしましょう^^;

とりあえず、こんな方法もあるよということで。

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »