教育・学び

【定番かつ盲点】日本で英語を話せる人の割合とは?まだまだブルーオーシャン?【食いっぱぐれないスキル】

スキルをもっていれば、
問題を解決したり、生活を豊かにすることができます。

つまり、そのスキルを人のために使うことで
”仕事(業)”を成すことができます。

なので、将来が不安だな、有能な人材になりたいという方は、
特技や資格を得て、
それをプロフェッショナル(対価としてお金を貰える)レベルまで伸ばすのが、
本質的な解決策です。

ん~家でゴロゴロするのが好きで、
特技なんて持ち合わせてないな~

このように、現在何も持ち合わせておらず、
これからどんなスキルを選んでいいのかわからない方へ!

”英語力”がおすすめです!!

英語力は、
昔も今も、そして、おおよそ今後も、
ニーズがあり続けるスキルです。

実際に、英検やTOEICの成績が
受験や就活の評価項目として設けているところは多いですよね。

教育現場では、何度も現れてきた”英語”
ですが、
英語ができる(ビジネスで滞りなく使える)日本人は
非常に少ないのをご存知でしょうか?

英検2級、もしくはTOEIC700点の資格をもつ人は
身の回りでちらほら見かけますが、
外国の方と流暢に意思疎通が取れて、ビジネスができる人材はほとんどいないでしょう。

海外に比べると、英語話せないレッテルを張られがちな日本ですが、
次のアンケート結果から見ても、英語ができる人材は、まだまだブルーオーシャンです。

楽天インサイトの調査によると、
20~60代の男女1000名へのアンケートでは、
「英語を得意と感じている人」は、たったの8.7%。
約1割なのです。

日本人は謙虚だから、
得意だとしても、得意と回答した人が少ないのでは・・・?

もちろん、データを詳しくみると、謙虚な人もいそうでした。
TOEIC800点以上という、コミュニケーションがそつなく取れそうなレベルでも、
その10%が「得意」でなく「どちらともいえない」と回答しています^^;

一方で、TOEIC400~700点という
ビジネスレベルに達していない層の約10%が、
「得意」と回答しており、
謙虚でない人も同割合存在していました^^;
なので、結局
真に英語ができる人(TOEIC800点以上)は全体の10%程度であると、言えます。

 

したがって、英語ができれば、
一般的社会人として10%の希少価値になるわけです。

もし、何かスキルを身につけたいという方は、
英語の学習に時間とお金を投じてスタートさせてみるのが良いと思われます!

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
旧ソ連特殊部隊のトレーニングメソッド”システマ”に出会い、人はもっとストレスフリーに生きれることを知る。 健康食品の研究やアプリ開発、ダンスや格闘技などの経験から、多角的に現代社会の攻略法を探究している。 当ブログでは、スマートかつ快適な暮らしのノウハウを忖度なしで発信中。 YouTube”システマ洗脳TV”もやってます^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA