ゲーム置き場

Unityで作ったゲーム一覧~リリース品から試作品まで~【遊べるポートフォリオ】

本記事は、私のポートフォリオをまとめておきます!

本記事は、自分がUnityで作ったゲームなどをまとめておきます。

アプリとしてリリースしたモノだけだと少ないので、
ギリギリ楽しめる形になっている試作品も含めることにしました。

1.リリース品

1-1.Our Casual Battlefield(スマホ向け)

開発期間
2021年10月 〜 2022年4月(6ヶ月)

遊べるところ
App Store :無料、有料コンテンツあり
Google Play :無料

公式ページも一応あり→こちら

備考
"3Dアクション"、"オンライン対応"、"物理演算"という要素をもつ数少ないスマホゲームをリリース!

感想
ゲーム開発を始めた頃から、ずっと作りたいと思っていたゲームを形にすることができた満足している。
一方で、自分しか面白いと思わないゲームにもなってしまっていることも否めない。キャラクターデザインやUI、エフェクトなどの魅力を向上させ、プレイする心地よさがなければ、誰も遊ばないという現実を知ったゲームでもある。
自己満はこのゲームを最後にして、ゲームの難易度が初見にとっての理不尽にならないように注意して、開発しなければいけない、と感じた。

 

1-2.しゃべるストップウォッチ - キャラクターボイス(スマホ向け)

開発期間
2022年9月(1ヶ月)

遊べるところ
App Store :無料
Google Play :無料

備考
Unityを使ったゲーム以外のコンテンツ作りに挑戦。

感想
ゲーム以外のツールを作ることで、多くの一般ユーザーをターゲットにできると考えて、ストップウォッチという王道の日常アプリをリリース。
シンプルなアプリゆえに、使い心地の良いUIについて学びながら開発できた。

 

1-3.Learn Japan Katakana By Fruits(Androidスマホ向け)

開発期間
2021年7月(1ヶ月)

遊べるところ
Google Play :無料

-- 現在、オンラインランキングの機能は停止中。

備考
シンプルな操作のカジュアルゲームに、知育を掛け合わせたゲーム。
対象は、日本語のカタカナを学びたい人(狭すぎ)。

感想
2Dゲームなので、素材をゲームに組み込みやすい。
イラストが得意な人をゲーム開発に活かすなら、2Dを扱うスキルが必要と感じた。
初めてのスマホゲームリリースということで、申請や広告実装のノウハウを身につけた。

 

2.試作品

2-1.ニキが行く 〜1VS10の喧嘩バトル〜(パソコン向け)

開発期間
2022年8月(1ヶ月)

遊べるところ
unityroom :無料
記事

備考
Our Casual Battlefieldを元に、視点がプレイヤーをフォローするタイプの3Dアクションゲーム。
リリース品"Our Casual Battlefield"の、平凡なプレイヤーで戦う仕様・システムが、1対10の喧嘩がどれだけ無謀なことか体感するのに良いと考え、応用して開発した。

感想
広いステージを走り回り、周囲のモノをぶつけて遊ぶこと、10体の敵を翻弄し戦うことは、一味違った面白さとスリルがあった。
この着想から、次回の3Dアクションゲームは、このようにリアルでスリルあるゲームの開発計画中!

 

2-2.オンライン3目並べ(パソコン向け)

開発期間
2022年10月 (1ヶ月)

遊べるところ
unityroom :無料

備考
本サイトで、オンラインボードゲームの作り方を紹介するために製作した。

感想
遠く離れた相手と対戦できることが、アナログでないボードゲームのメリット。
ボードゲームはルールさえ把握すれば、プレイのうまさに関係なく、参加しやすいゲームジャンル。
なので、自分自身も何かオリジナルのオンライン対戦ボードゲームをリリースしようと考えているが、時間がなく製作が後回しになっている・・・。

 

2-3.オンラインFPSゲーム(PC&スマホ向け)

開発期間
2021年9月(1ヶ月)

遊べるところ
unityroom :無料

備考
本サイトで、オンラインFPSゲームの作り方を紹介するために製作した。

*UnityroomにWebGL形式でアップロードしているため、スマホUIで複数のボタンを同時押しすると、バグる。

感想
本試作を行う中で、WebGLで遊べるスマホゲームは、UIがうまく機能しなくなることがわかった。
スマホで遊ぶゲームは、App StoreやGoogle Playでリリースするのが良いと判断し、それらのプラットフォームでリリースすることを目指すことにした。

 

2-4.カメラ固定型 3Dアクションシューティング(スマホ向け*)

開発期間
2020年11月(1ヶ月)

遊べるところ
unityroom :無料

備考
"スマホで遊べる"、”知育”、”3Dアクションシューティング"を兼ね備えたゲームの試作。*UnityroomにWebGL形式でアップロードしているため、複数のボタンを同時押しすると、バグる。

感想

ボンバーマンのような視点のアクションゲームに挑戦した。
この試作によって、スマホでそのようなアクションゲームを作れることが確認できた。
知育要素を高めること、アクションゲームの深さを出すことは両立できないと考え、本コンセプトのゲーム開発は中止した。

 

2-5.カーストレース(スマホ向け*)

開発期間
2020年9月(1ヶ月)

遊べるところ
unityroom :無料

備考
Unityで初めてオリジナルで作ったゲーム。

*UnityroomにWebGL形式でアップロードしているため、複数のボタンを同時押しすると、バグる。

感想
車のデザインにも関わらず、ジョイスティックを横に倒すと自転して方向を変える仕組みで、おかしく感じるかもしれないが、そのような操作性のレースゲームを作りたかったので、自分の設計通りのゲームを作ることができた。
一方で、操作性が悪かったり、コースが難しすぎるなど、制作を実現できたとしても、ゲームバランスは想像通りにいかない難しさを感じた。

 

3.おまけ(グラフィック)

3-1.ミュージックビデオ

開発期間
2020年12月(1ヶ月)

遊べるところ
・YouTube(上の動画)

備考
Unityを使えば、CG映像も作れるということで、友人の結婚式の余興に披露した動画(実際に式場でダンスする人もいる)。

感想
Unityの他、3Dモデリングやモーションの作成方法も学んだので、これらの技術とダンススキル(学生時代はダンス部だった)を合わせて、余興を作ってみた。
コロナ感染リスクを抑えるため、式に参加できなかった友人を3Dモデルとして参加させるという力技。
クオリティは低いが、式が盛り上がったので満足。UnityのTimelineを使ってイベントムービーを作る基礎を、実践的に身につけられた気がする^^;

 

3-2.AR(Our Casual Battlefield ぶっつけ合いアニメ)

スマホで読み取ると、3DCGが出現します↓

開発期間
2022年11月(1週間)

遊べるところ
・上のQRコードを読み取る :無料

備考
ARアプリはインストールしてもらいにくいので、WebARを作成した。

感想
WebARを作るツールは色々とあるが、無料での商用利用が可能ということでBlippARのUnityプラグインを使って作った。
品質はZapworksのほうがトラッキングの感度が高く、現実空間に配置はしやすい。
Unityスキルを活かして、WebARというコンテンツを提供する知識を身につけられた。

 

振り返ると、自分は、脳筋ゲームクリエイターで、
ストーリー性あるゲームはほとんど作って来ず、
オンライン対戦やオンラインランキングなど、
誰かとつながって遊べるゲーム作りに注力してきたな、と思います。

(その分、動作確認にめちゃくちゃ時間がかかりました・・・)

以上、大したポートフォリオではありませんが、
ゲームの感想など、コメントやTwitterのDMからお知らせいただけると、
励みになりますので、よろしくお願いします!

ABOUT ME
いなも@システマライフハッカー
”仙豆”を開発することを夢見て、健康食品会社で働いていたものの、2016年に出会ったロシアの武術”システマ”こそ、その糸口があると感銘し、勝手にシステマ普及活動を始める。 一方で、クリエイティブなモノ作りが好きで、DX社会で楽しみを見出せる"Unity”を活かして、”スマートかつ快適な暮らし”のヒントを発信している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA